Tsugumi coffee

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

BLOG

2022/03/21 00:26



ご覧いただき、ありがとうございます😊

近年注目されている " ゲイシャ ”。
聞いたことがある方は、たくさんいらっしゃると思います。

当店では、『FLORAL BLEND』に
ゲイシャを使用しています。


今回のブログでは、
なぜ、" ゲイシャ ” が注目されるようになったのか、
なぜ、高値で取引されているのか、
などについてお話していきます。

" ゲイシャ種 " は、
アラビカ種に属する品種の1つです。

アラビカ種の突然変異によって
生まれたといわれています。

【 ゲイシャの歴史 】
" ゲイシャ " の原産はエチオピアです。
1931年に、エチオピアのゲシャ村という地域で発見されたため、" ゲシャ種 "と呼ばれていましたが、
現地に行った日本人が「ゲイシャ」と
聞き間違えたことにより、" ゲイシャ種 "として
広まった、という説があります。

1950年代にさび対策に使われる目的でコスタリカに、
1960年代にパナマへ伝わりました。



【 エスメラルダ農園 】
 ゲイシャ種は、病気に弱く、樹高が4m近くもあり、
栽培が難しいコーヒー豆であるため、
途中で栽培を辞めてしまう農園が多い中でも、

細々と栽培を続けていたのが、
パナマの " エスメラルダ農園 " です。

今では、
ゲイシャの代表的な農園として知られています。

1,500~1,700mの標高を好むゲイシャにとって、
標高1,600m程に位置するエスメラルダ農園は、
最適な環境(降雨量なども含めて)だったのです。

農園の方々の計り知れない努力が、
ゲイシャ種の安定した収穫に繋がりました。

【 ゲイシャショック 】
ゲイシャが注目されるきっかけとなったのが、
「 ゲイシャショック 」と呼ばれる出来事でした。

パナマでは、年に一度「ベスト オブ パナマ」というコーヒーの国際品評会が開催されています。

2004年、エスメラルダ農園が、
その国際品評会で初めてゲイシャを出品しました。
エスメラルダ農園のゲイシャを飲んだ世界各国の審査員が、その際立つ個性的な風味に驚き、感動。

品評会後に開かれたオークションでは、
エスメラルダ農園のゲイシャが史上最高値で落札され、
その名が世界中に知られるようになりました。




【 高値で取引される理由 】
先述したように、ゲイシャは病気に弱く、栽培が難しいため、収穫量が他の品種に比べて非常に少ない。

収穫量が少ないため、希少価値が上がり、
高値で取引されることが多いです。



今、私たちがゲイシャコーヒーを楽しめるのは、
いうまでもなく、
生産地の方々の計り知れない努力があったからなのです。

生産地の方々に、しっかりお金が届くことによって、
持続可能な農業となり、
私たちもコーヒーを楽しむことができます。

スペシャルティコーヒーを扱う専門店として、
①高品質 であることはもちろん、

②トレーサビリティが取れて、
③生産がサステナブルであること
を、これからも大切にしていきたいと考えています。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。












Recent Posts